とあるゲーム好きがゲームデザイナを目指してみた結果がこれだよ。

ゲームレビューなどをくっちゃべるブログです。

2012年06月

創作ゲームのアートワーク展 出展参加者発表!第3弾!

おやおや!募集締め切りまで、のこり2日ほどとなってしまいました!ヽ(´∀`)ノ

みなさんお待ちかねの出展参加者のご紹介、第三弾です!
(2012年6月29日現在で、公表に了解をいただいている出展者のみご紹介いたします。)

■出展参加者 第三弾

ゴハンズ(GOHANS)
「イラスト制作グループ「ゴハンズ」です。
2011年から、ゲームデザイナーさんの作品に絵を描くお仕事をはじめました。
ニーズに答えられるように、依頼のイメージや必要な技術によって、得意な者がたずさわります。
様々な作品に、彩りをそえるお手伝いが出来たら嬉しいです。よろしくお願いいたします。」

と、神奈川県で同人ゲーム制作を影で支えるイラストサークルさんです。
こげこげ堂本舗の方から、「アートワーク展」のご紹介を受けて参加することになったそうです。
今回のテーマにぴったりですね!o(*^▽^*)o

【イラストを提供されたゲーム】
「スカーミッシュ! ザ・スクランブルズ」(こげごげ堂本舗) 2011年3月頃~
「ブドーニア王のおふれ~温泉に入りたいのじゃ!~」(こげごげ堂本舗) 2011年5月頃~
「宇宙密林」(トロイホース+魔女の会)2011年11月頃~


モブゲームズ(MoBGAMES)
「Webラジオ制作、ゲーム会運営、オリジナルゲーム製作と幅広い活動を地味に続ける
MoBGAMESの宮野です。
今回はMoBGAMESのアートワーク全般を手がけていただいている福井和也氏のアートを
全面に押し出す機会であると判断し、参加の名乗りを上げました。
私の製作するゲームの理念は“誰でもできる。誰でも勝てる。”
その理念を120%汲み取った福井氏の素晴らしいアートワークをご堪能ください。」

と、福井が大変お世話になっている大阪でゲーム会も主催されている宮野さんのMoBGAMESモブ!

【出展ゲーム作品】
「TURTLE&BUNNY」2012/2/1~2012/3/3 頒布時期:3/4~現在
「Mansion of the DEAD」2012/4/1~2012/5/12 頒布時期:5/13~現在


オインクゲームズ(Oink Games)
西の雄がタンサンファブリークさんなら、東の雄はオインクゲームズさんでしょうか?
タンサンファブリークさんからのご紹介で、今回出店参加していただける運びとなり、
主催者はもう、いろんな意味でテンションMAX状態です。
出展作品数も現時点では、最多のB2サイズ6作品と見応えも十分な展示になると思います。
8月が非常に楽しみになってきました!

【出展ゲーム作品】
「StrayThives」(2010年5月)
「Stamps」(2011年5月)
「藪の中」(2011年11月)※新版
「エセ芸術家ニューヨークへ行く」(2011年11月)
「さるやま」(2012年5月)
「卑怯なコウモリ」(2012年3月)


第三弾は、3組を発表しました。現時点で総参加者数は8組となっています。
関東勢も徐々に、増えつつあります!今後も、出展参加者が決定次第、発表していきます。

そんな、「創作ゲームのアートワーク展」の出展受付の募集締め切りは、7/1(日)18:00までです。
参加出展受付はこちらのフォームからお願いします!よろしくお願いします!

創作ゲームのアートワーク展 出展参加者発表!第2弾!

おぅ!募集締め切りまで、のこり4日ほどとなってしまいました!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

みなさんお待ちかねの出展参加者のご紹介、第二弾です!
(2012年6月27日現在で、公表に了解をいただいている出展者のみご紹介いたします。)

■出展参加者 第二弾

かわさきみな(Mina Kawasaki)
「イラストレーターのかわさきみなと申します。
ボードゲーム用のイラストというのは、今回初めて描かせていただきました。
このイラストも、OSUをプレイするきっかけのひとつになれば嬉しいです。」

と意気込みを語ってくれた、かわさきさんのは、とっても可愛いくて味のある、
ネコのイラストを中心に描かれて活躍されています。
現在、高円寺にて個展 「高円寺 花猫風月」を開かれているとのことで、
お近くにお住まいの方は、是非、足をお運びください。

そんなイラストレーターである、かわさきみなさんは今回、対戦型タイルゲーム『OSU』の
アートワークを手がけられ、当展覧会に参加していただける運びとなりました。
また、関西ボードゲームユーザー界隈で話題のネットラジオ「ボードゲーム研究室」
第一研究員のカワサキさんの奥さんでもあります。
はやく、ほのぼのとした、作風に癒されたいですねぇ。
対戦型タイルゲーム『OSU』(ゲームNOWA制作)
頒布時期:ゲームマーケット2012春

薫風(KUNPU)
「東京でアナログゲームを製作している薫風というサークルです。
ゲームとしてはまだ1つしか作っていない駆け出しの身ですが
アートワークという少し変わった切り口の企画が大変面白そうなので
参加を決めました。よろしくお願いいたします。
ゲームマーケット2012春で当サークルが作った「ヒットメーカー!」
そのゲームの肝の部分のカードを展示したいと思います。」

と、ほぼ諦めかけていた、関東からの出展参加者の登場です!

ゲームマーケット2012春が初参加とは思えないほどの完成度の高い
「ヒットメーカー」を頒布されています。私も気になっていたゲームなので、
現物が見られるのは非常に嬉しい限りです!(・∀・)キュンキュン!

第二弾は、2組を発表しました。今後も、出展参加者が決定次第、発表していきます。
次回、第三弾では、ボードゲーム業界のビックネーム団体の参加情報を公開できるかも…!Σ(゚△゜)!!

そんな、「創作ゲームのアートワーク展」の出展受付の募集締め切りは、7/1(日)18:00までです。
参加出展受付はこちらのフォームからお願いします!よろしくお願いします!

創作ゲームのアートワーク展 出展参加者発表!第1弾!

なんという事でしょう!募集締め切りまで、のこり1週間となってしまいました!

まだまだ、出展者は募集中ですが、ここで、現時点での出展参加者を紹介していきたいと思います。
(2012年6月24日現在で、公表に了解をいただいている出展者のみご紹介いたします。)

■出展参加者 第一弾
タンサンファブリーク(TANSANFABRIK)
オリジナルのボードゲーム(カードゲーム)を出版する企業を立ち上げ、京都を拠点に活動されています。
春のゲームマーケットでは、かの名作「ファブフィブ」を可愛くキャッチーなアートワークに変えて、
皆さんを驚かせてくれました。とある情報によると今後も、あっといわせる展開を考えているとか。
そんな、タンサンファブリークのアートワーク作品は見逃せませんよ!

高天原(Takamagahara)
「友達と、兄弟姉妹と、親と、子供と一緒に手加減なしで、本気でゲームをしてもらいたい。
そう思ってゲームを作ってます。みんなで楽しんでいただければ、うれしいです。」
と意気込みを語る、大阪が拠点の老舗サークルである高天原も参加決定!
気になる作品は、「黒猫タロット」(2009年)、「みならいゆうしゃとまほうつかい」(2012年)
の二つのゲームのイメージをひとつにまとめた作品になるとか。今から楽しみです!

チキンダイスゲームズ(Chicken Dice Games)
今年、関西発の開催となったゲームマーケット大阪に向けて結成された新進気鋭のサークルです。
アートワーク担当の福井和也さんが手がけたアートワーク作品とゲームを出展予定。
なんでも、他のサークルのゲームでも、アートワークをお手伝いしているとか。
そちらの作品も許可が取れれば出展するみたいですよ~。

まずは、3組を発表しました。今後も、出展参加者が決定次第、発表していきます。
主催者が直接お声をかけているサークルや、イラストレーターさんもいるみたいなので、
どんな方々が参加されるのか楽しみにしていてくださいね!

また、すでに頒布しているゲームを中心にとさせていただいておりましたが、「新作はダメなの?」
というご意見が多数寄せられましたので、「頒布予定の新作の作品もOK!」とさせて頂きます!
(但し、ゲームに関係ない作品はNGとします。)

そんな、「創作ゲームのアートワーク展」の出展受付の募集締め切りは、7/1(日)18:00までです。
参加出展受付はこちらのフォームからお願いします!よろしくお願いします!

創作ゲームのアートワーク展 Q&A

Twitterなどで頂いたご質問をまとめていきます。参加を考えている方は、ご参考にして下さい。

Q.具体的にどういった展示になるんでしょうか? 額縁が用意されて(して) そこにゲームで使うカードを貼り付ける感じでしょうか? 
A.ゲームに使用した絵を引き伸ばしたり、壁に飾れるように再構成して頂いたものを展示します。ゲームそのものも、脇に展示して手にとったりプレイもできます。基本作品展示会なので額装や、パネル化は出品者にお願いする形です。

Q.既存ゲームで、新規イラストはOKでしょうか?
A.新規描き起こしはOKです。

Q.1つのイラストで2つのゲームを描くことは可能でしょうか。
A.テーマイメージが共通の場合は2つのゲームを1つに描いても構いません。作品がゲームのテーマ性を崩さなければなんでもOKです。ゲームに関係ないイラストや、テーマ性の場合はNGとします。

(2012.06.21 作成)

創作ゲームのアートワーク展 会場スペック

会期が確定した「創作ゲームのアートワーク展」ですが、会場である、
アートコミュニティスペースAKIKANの会場の様子をご紹介します。

アートコミュニティスペースAKIKAN
AKIKANでは、各種講座やワークショップ、個展やグループ展、学術会議や研究会、レセプションやキッチンを活用したパーティー、アコースティックライブなど様々なイベントが行われています。人が行き交う場づくりを通してクリエイションを応援しています。
AKIKANの内観
内観ビュー

・「創作ゲームのアートワーク展」では、格子状の壁面と、白い壁面を使用します。
・作品そのものの販売、及び、その他グッズや、ゲームの販売なども企画中です。

AKIKANでは、平日の日中は、コワーキングスペース小脇が営業中です。

1ヶ月の会期中、小脇の営業や会場では様々なイベントなどが催され、多種多様な方々が来場されます。
活発な異文化交流により、面白い化学反応が起こるかもしれません。

私達と、一緒にアートワーク展に参加して、面白いことやりませんか?

まだまだ、出展者は受付中です。受付フォームはこちらをクリック。

つぶやき
ギャラリー
  • ゲームマーケット2013春出展のお知らせ
  • ゲームマーケット2013春出展のお知らせ
  • ゲームマーケット2013春出展のお知らせ
  • ゲームマーケット2013大阪出展のお知らせ
  • ゲームマーケット2013大阪出展のお知らせ
  • ゲームマーケット2013大阪出展のお知らせ
  • ゲームマーケット2013大阪出展のお知らせ
  • ゲームマーケット2013大阪出展のお知らせ
  • ゲームマーケット2013大阪出展のお知らせ
Twitter
  • ライブドアブログ